親切なスタッフの有無がポイント!ペットショップでの生体購入

特殊な生き物を飼育するケースが増えてきたからこそ

数十年前まではペット飼育と言えばほぼ9割方犬か猫、というイメージで語られる事が多かったものですが、最近はその対象となる生物種も多様さを極める様になってきました。鳥類や両生・爬虫類を始め、熱帯魚から昆虫に至るまで、近隣のホームセンター内のペットコーナーにて思わず眺めるのに夢中になってしまう程のラインナップとなっていますよね。これらの中から自分が飼いたいと思う生体を選ぶ訳ですから意外と大変。もちろん事前にその生態や飼育に関する知識をしっかり学んでから行動に移すべきでしょう。

購入前から飼育スタート後までしっかり相談出来るか

ペットショップ選びの際重要なのは、たとえ自分が全く初めてで慣れない飼育となる種類であっても的確なアドバイスをまめに与えられ、それが飼育スタート後も長きに渡って継続出来る親切なスタッフを擁しているか、というポイント。生体購入後は全く関係無いと突き放し、幾ら訊いても全くアドバイスを貰えない様なスタッフのショップでは問題外なのです。とは言え初めて訪れるペットショップでここまで調べ上げるのは不可能に近いもの。出来れば知人や親せきに同じ種類のペットを飼育している人を見付け、その人が信頼を置いているペットショップを紹介してもらうというのがベストでしょう。

いざという時に診てもらえるペット病院が近くにあるか

ペットの種類が特殊になればなる程、いざそのペットの具合が悪くなった時に相談出来るペット病院が近くにあるかどうかは極めて重要なポイントとなってくるでしょう。近隣の多くのペットショップは鳥類までは守備範囲だが両生・爬虫類までは詳しく無い、というパターンは結構多いもの。それらの種類まで専門に診てもらえる信頼性の高い病院のロケーションを予め調べ、そこまでのルートや生体の運搬手段を予め考慮しておく事は大切ですよね。

子犬販売は、全国に存在する様々な業者が手掛けていますが、信頼できそうな所を利用することで、より安心して購入できます。