ペットショップの対応も様々!いいショップで選ぶ!

動物のことを考えているショップを選ぶ

ペットショップに行くと沢山の子犬、子猫、その他の動物がいます。飼おうと思っていなくても抱っこしてみたい人はいるでしょう。ペットショップからすると子犬たちは商品ですから、どんどん抱っこさせてくれるところもあります。でも、実際にお店で買うときはあまり簡単に抱っこさせてくれるところは良くないかもしれません。ペットにとって、知らない人に抱っこされるのはストレスになるからです。良く知っているショップは、確実に買うお客さんのみに抱っこさせるようにしています。

排泄の掃除がきちんと行き届いているか

人間が排泄をするときはトイレに行きます。ですから生活環境が汚れることはありません。動物の場合はトイレはありませんが、だからと言って排泄物の近くで生活することはありません。動物もきれいなところを好みますし、汚いところだと病気になる可能性もあります。ペットショップを選ぶなら、排泄物の掃除をきちんとしている所にします。ケースなどを見て、たくさん転がっているようだとあまりよくありません。こまめに掃除をしている所なら安心できます。

単独ケースか複数の犬が入っているか

一人でいるときと他人といるときではどちらがリラックスできるかです。一時的には一人の方がよさそうに感じます。ただ、長い期間を感じると、他人との触れ合いも必要です。これは動物も同じです。ペットショップでは、犬の展示の方法が様々です。単独ケースに入れられているところと、複数の犬を入れているところがあります。一見単独の方が犬のためのように感じますが、それだと他の犬とのコミュニケーションが取りにくい犬になります。複数を入れて展示しているところの方が良いでしょう。

ペットショップなら東京で探してみる事によって、サービスが充実していたり、品揃えが豊富な店舗を見つけられます。