ペットを選ぶ前に要チェック!ペットショップの選び方。

衝動買いしたくなる気持ちを抑えて

ペットショップに行くと子猫や子犬が可愛くて、思わず衝動的に欲しくなってしまいます。しかし、本当にそのお店で買って大丈夫なのでしょうか。良質なお店には幾つかの共通点があります。まず大事なことは、子犬や子猫などの健康状態を守れるお店であるかを見極めることです。簡単に展示されている動物に障らせてくれるお店は良いペットショップであるとはいえません。ある程度購入の意思が決まってから、除菌スプレーなどで感染対策を施して触らせてくれるお店がおすすめです。また、ケージの中の衛生状態もペットの健康を大きく左右します。しっかりと掃除の行き届いているかチェックしましょう。

ペットの知識が豊富である

同じ犬や猫といえど種類によって性格や好む環境、かかりやすい病気はことなってきます。このような知識が豊富なお店かどうかは、店員との対話から見えてきます。アルバイトとしての基本知識しか持たない店員の場合は注意が必要です。動物がもつ社会性は、幼少期に同種の動物からしか学べない面があります。そのため子犬や子猫同士の触れ合いがあるプレイルームのような展示をしているお店を選ぶとよいでしょう。幼い動物は免疫機構が未発達なので、ストレスはもとより、展示しているだけで弱ってしまうことがあります。そのため、知識が豊富で、ペットの健康を気遣うお店では同じ動物を1日中展示することはありません。

来歴がしっかりした、健康保証ができるお店であること

どれだけ元気に見えても幼い動物は突然体調を崩してしまうことがあります。そのような場合にペットショップがどのような保証をしてくれるのかは大切なポイントです。症状や保証日数など詳細に説明してもらえ、信頼のできるブリーダーからペットを購入しているペットショップは疾患を抱えた動物を販売することが少ないです。ペットショップは商品であるとはいえ、動物という命あるものを取り扱っています。そのため、購入者がどのような人であるのかをよく見極めなければいけません。生育環境が安心なものかどうかや、触れ合える時間がしっかりともてるのかなどです。このようなペットと購入者のマッチングを確かめてペットを勧めることのできるペットショップを選ぶことで、安心できるペットを飼うことができます。

ペットショップなら東京都が魅力的となっており、ペットから用品まで品揃えが豊富となっている特徴があります。